2014/12/23

紙の月




人って理性の塊なんだなって。

普段の生活にも
理性を持って選択してることが
沢山あるんだって感じる。

ほんの少しの
「まぁいいや」「大丈夫でしょ」は
あっという間に大きくなるし、
何かに執着すると一気に何も見えなくなって
そもそもなんでそれに執着するかすらわからなくなったり。

その「大丈夫」に取り憑かれてる間は
宮沢りえがただただ綺麗。


壊れる時は一瞬だけど。

決して明るい気持ちにはならないけど
不思議と暗い気持ちにもならない映画だった。

それは多分私には理性がたっぷりあるからなんだろうけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿