2015/06/07

アデル、ブルーは熱い色

まず。
タイトルが好き。

ただそれだけで観た映画
話としては

アデルは男の人と付き合ってみても
なんだかしっくりこなくて

同性愛者のエマと出会うことで
どんどんエマに惹かれていって

お互い愛し合っていくんだけど
お互いの環境、立場が違って
次第にすれ違っていく2人の話
2人のベッドシーンはこの上ないくらい(どのくらい?)
生々しくて観てられない(´-`).。oO

1人で観て正解だった。←

でもあそこまで2人が体を張って演技したからこそ
より一層2人の関係がリアルに感じれたのかなー

そしてなにより、
女の私までもエマにドキドキした。

ちなみに批判的なことは普段書かないようにしてるけど
あえて書かせてもらうと、
ダンスシーンが多いところだけは
観るのがしんどかった。。

みんなで集まる→音楽が流れる→踊る

っていう習慣がない側としては
少しツライかなー


でも何故か観終わった瞬間よりも
1日、1週間って日にちが経つことで
なんだか余韻がでてくる映画。

多分また観たくなるなー

0 件のコメント:

コメントを投稿