2015/08/22

釣り以外なにもしてないの?

って言われる前に。
釣り以外は海行きました。
(どっちにしろ海)
(なんかいい感じに妖気感じてる。)

初めての辰の島!

ただでさえ綺麗な海なのに
10分船乗って移動すれば
もっっっと綺麗な海!
私海好きじゃないけど(そもそも?)
こーんなに綺麗なら入りたい!
来年の夏、また行けたら
その時は絶対水着持って行こー

今回も快く迎えてくれて
おかえり〜なんて言ってくれて
ありがとうございました ✈︎

壱岐

またまーた
壱岐に行きまっせー

壱岐では2日間、釣りしたっすー
嫁ぎーノSTYLE

全身見ると
アンバランスもいいとこ。

何度か地球釣りました。
これも大物釣った風に見せて
地球釣ってます。

そして何を隠そう、
なんのおかずも持って帰れなかったので
しん君のお母さんとお父さんが頼んでくれた刺し盛りを
おいしーくいただきました。
毎度毎度、豪華すぎて
申し訳なさすぎる。。

とか言いながら
遠慮もせんとひたすら食べてたけど。。

このままだとただの
たまにお刺身食べにくる小娘だから
次行く時は
おかずの足しになるような大物を釣りたいっす。

2015/08/21

火花

明日香さんのところで買ったラッピングペーパーを
ブックカバーにしたんす
ブックカバーデビューは
又吉直樹の火花で。

あっという間に読んじゃった〜

なんだろなー

読み始めはどうしても、
主人公の徳永が「ピースの又吉」にしか思えなくて
なんだか読みずらかったんだけど。

読んでいくうちに
徳永が徳永でしかなくなってきて
徳永が愛おしくなる感じ。

浮き沈みもないような
徳永の日常を
徳永の視点から
ただ読んでいってるだけだから

芥川賞受賞して
話題になりすぎてるから
期待を膨らませてる人は
「つまらなかった」って言うかもなー

でも私に言わせると
面白いっていう表現はなんかしっくりこなくて

ひとりの人間から見る、
他のひとりの人間についての話だから

その ひとり と ひとり を
読んでく内に愛おしく思えたら
自然と泣けて笑えるような話。


面白い話を期待して読むよりも
自分のことを考えたくない時(って言うのも変だけど)に読むといいかも。

あくまで私論。

私は日にち置いてからでも
また読みたい。

2015/08/08

太宰府

つまり、やってきました
太宰府天満宮!
顔ちっせーなー

「8頭身あるんやない?」って言ったら
「いや、7.8」って返された。
イラッ(笑)
#こいつとシリーズ

たまには電車でぶらりもいいねー

ホンマタカシ

見えないものを見る
(まずこのコピーがど真ん中)
作品は思ってたより少なかったけど
やっぱり写真っていいなー

目を通して見るのと
不思議と全然違うんだもんなー

例えば見たことある景色ですら
違って見えたりね。

自分以外の他人(ヒト)の見てる景色

カメラなんて素敵なもの作った人ありがとう〜(誰)
ホンマさんの写真は
どれも静かでなんだか涼しかったなー(説明下手)

ボールペン字

始めました。
あー字書くの好きー
でも下手ー(気の毒)

やっぱいい大人ですし、
綺麗な字書いて少しでも点数稼ぎたい。(動機が不純)