2016/08/31

君の名は。

もちろん公開初日に。
予告から完璧だったのに
観たら期待よりもよかった

こんなことってある?
RADの曲も完璧で

ここ数年、
学生時代に聞き飽きてるくらい
聞いてるはずのRADの曲を聞いて
涙がこみ上げてくるような謎な現象もあってか
音楽だけでも泣けた。

思わぬ展開にも泣けた。

どっちにしろ泣けたから
明日また観に行く。

2016/08/10

bodco

真っ赤なワンピース
スリットあるだけで女度増す

みんな知らんかもしれんけど、
青好きなイメージかもしれんけど、
実は赤が好き

身につける勇気はなくて
次に好きな青にいってたやつ

しかも赤って下手すると
安っぽく見えるけん怖い

それは身につける側の力量か

2016/08/09

パワー

元気いっぱいもらえました
大きくなるにつれてほっぺのぷにぷにがなくなっていくのが
少し寂しいよ~..

浴衣

何年ぶりかなー
学生のころ以来着てなかったけど
今年久しぶりに浴衣着て大濠の花火大会
やっぱり浴衣いいなー

乙だなー(言いたいだけ)
花火の前に翼パパのお店に。

森家大集合で、翼に写真撮ってもらったー

うららと対照的な浴衣。
なんでかわからんけど、
よく周りに「似てる」って言われる私たち。
むしろ性格とか正反対なのに?
この子は個性的な浴衣が似合いますねー
私は浴衣が似合う体型のようです。
(悪く言うと寸胴)
8月、早くも暑さでどうかなりそうです。

2016/08/08

ディストラクションベイビーズ

キャストがいいってだけで観に行った映画

最初から最後までひたすら暴力。

渇き。とはまた違う観た後の疲労感。


柳楽優弥はわけもなくただフラフラ適当に
誰にでも殴りかかってて
セリフは数えれる程度。
菅田将暉はそんな柳楽優弥にあやかって
自分まで強くなった気になった、
どうしようもない高校生。

ただ根っこの根性無しな部分はそのままで
女、老人にしか殴りかからない最低な役。
そんな柳楽優弥の弟役で村上虹郎。
自分はなにもしてないのに非難されて、
でもそんな兄でも両親が死んでたった1人の家族なのには変わりなくて、
難しい気持ちを演じてたと思う。
正直この映画から何かを読み取るって、
難しい。

でもこの映画の中で出てくる
御輿を担ぐ男の人たちの闘争心と、
柳楽優弥の無差別に向ける暴力と、
側から見てると心の底の底は近いようにも見えた。

関係のない側からすると
その熱量みたいなものは
理解できないし

その熱量がない状態で"それ"を見ても
熱量どころかむしろ冷静になるだけで

ああいう気持ちが心のどこかにみんなあるのかもしれんし
その気持ちに自覚がある人が観れば
この映画から私と違う何かを感じるのかも。
でも私はどう考えても虹郎の立場で。

きっと私も「俺がなにしたって言うんよ」って泣くな。

2016/08/07

村上虹郎

どんな時も
まず、声。

声が好き、から始まる。

この人もそのひとり
低ければいいわけでも
渋ければいいわけでも
色気があればいいわけでもない。

鼻声、脱力感、情けなさ、

そういう声が好き。

裸足の季節

トルコ版ヴァージンスーサイズって言われてたけど
全然違った。

確かに似てるところもあるけど
ヴァージンスーサイズと大きく違うのが
男の子側からの話じゃなくて
女の子達側の話だってこと。

それだけで全く見方が違う。
閉じ込められた窮屈な中で
なにが正しいのか
自分が本当はどうしたいのか。

最後、胸が熱くなった。

DAY'S CUP CAFE

翼パパのカフェ

久しぶりの翼パパは相変わらずのお洒落面白パパだった◎◎
大濠公園→DAY'S CUP CAFEの流れを
みんなに定着させたい。

BACK TO THE FUTURE

午後10時の映画祭で観れちゃった

BACK TO THE FUTURE!
まさかこんな日が来るなんて。

あの頃のマーティとドクがすぐそこに!

2016/08/03

時をかける少女

ドラマの時をかける少女。

正直、細田守監督のアニメ版時かけが好きすぎて
いくら好きな黒島結菜ちゃんって言っても
期待してなかったけど。

軽い気持ちで観てみたら
むしろ今期のドラマで1番好きやった。
そんなこんなで
この3人が大好きになったのに、
このドラマだけ5話で終わりって。
どーいうことですか。

全然足りない!

Time waits for no one.
↑( °д°)ハァ?